Contents

Kamil Tokarski ピアノコンサート コーディネート事業について

2012/05/27 17:46

 

 

 

アートリンクではこの度、ポーランド出身で現在アメリカで活躍する

若手ピアニスト“カミル・トカルスキー”の来沖に伴い、

学校における無料コンサートを企画いたしました。

 

アメリカからは、カミルとその友人の沖縄出身の若手アーティストの他、

様々な国、専攻の学生から作る『OKINAWA PIANO PROJECT』のメンバーも

来沖します。子どもたちに本格的なピアノ演奏を聞かせながら、

ポーランド人のショパンという地域教材という視点や、

彼らの共通言語である英語への興味、また外国に飛び出して夢を実現させる

という経験や、キャリア教育など、多角的な学びの題材となる試みです。

那覇市立真和志中学校では、キャリア教育の一貫でコンサートを行います。

他にも那覇市教育委員会、国頭教育事務所などにもご協力を頂き

参加校を募集しています。現在県内10カ所が決定しています。

 

カミル氏は6月23日まで沖縄に滞在いたします。

各学校の様々なご要望にお応えしてプログラムを提供いたします。

詳しくはアートリンクまでご相談下さい。

尚、演奏料、その他の一切の費用はかかりません。チラシデータも提供します。

ただし、グランドピアノがあることが条件となりますので、ご了承下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カミル・トカルスキー (Kamil Tokarski)略歴

トカルフスキーは1986年ポーランドのビドゴシュチで生まれた。7歳からポーランド陸軍軍楽隊(Polish Armed Forces Representative Orchestra)の指揮者を務めていた父親のもとピアノを学び始める。アトゥール・ルービンュタイン音楽院を2005年に卒業後、ポーランド文化庁より奨学金を受けグラジーナ・アンド・ケイストゥド音楽院に入学。当音楽院在学中にもショパン音楽アカデミーフレデリック・ショパン音楽アカデミーなどで個人レッスンを受ける。2008年にアメリカのセント・ジョーンズ大学より奨学金の全額給与のオファーを受け当大学へ編入。2011年からは奨学金全額給与を得て、大学教授助手として米国州立ウィスコンシン大学大学院へと進学する。

トカルフスキーは2008年の渡米以前までは主にヨーロッパ各国で活動。ポーランド以外にもスイス、ロシア、チェコ、スペイン、オーストリアなどでの演奏の経験もあり、2008年渡米以降は数多くのピアノコンテストにも精力的に参加し多くの賞を受賞している。2009年、2010年のアメリカ中西部最大のピアノコンクール、アメリカ・ミッドウエスト・ピアノコンクールでは2年連続でグランプリを受賞した。

 

 

 

『対話をつなぐ美術鑑賞 ー育まれる教師と子どもの絆ー 』が出版されます。

2012/03/06 10:42

『対話をつなぐ美術鑑賞 ー育まれる教師と子どもの絆ー』

(B5版フルカラー/160頁/定価税込み1,500円)

 

昨年夏開催されたアートリンク・スクール「対話をつなぐ美術鑑賞・授業づくり講座」

 

この講座で共同研究された先生方の授業実践と美術講座、

 

アーティストとの対話などをまとめた本です。

 

実践集というよりも実感集。

 

美術をとおして育つ子どもたちと教師の姿。

 

4月より発売します。

お申し込みは当サイトまたは事務局まで。

送料は別途となります。